クリニックで老化対策|ほうれい線の治療でコンプレックスを一掃!
レディたち

ほうれい線の治療でコンプレックスを一掃!

クリニックで老化対策

カウンセリング

術前術後の注意点

美容クリニックで目の下や口元のたるみを取る治療を受ける際には、様々な注意事項があります。たるみ治療に限らず、未成年者が美容整形をする場合は親権者の同意書が必要になります。10代や20代はまだ肌力があり、何もしなくても肌に張りがあります。たるみが気になるからといって若いうちから頻繁に治療を受けると、本来持つ肌能力が低下する恐れがあります。治療をしたあとは鎮痛剤などがクリニックから処方されます。薬は医師や看護婦の指示に従い、忘れないように服用する必要があります。簡単なたるみ治療ならダウンタイムがないので、薬などの服用は不要です。しかし、もしも腫れや痛みが気になるようなら早めにクリニックに相談することをお勧めします。

注射と照射で治す

たるみは加齢、乾燥、紫外線、摩擦、血行不良などで肌力が低下して起こる現象です。美容クリニックでは、たるんでいる部位やたるみの進行度に合わせた治療を受けることができます。目の下のたるみには、注入法が効果的です。即効性があるのがフィラーを入れる注射です。フィラーを入れるだけで自然に張りがでます。PRP皮膚再生療法は、自分の血液を注入して行うたるみ治療です。即効性はありませんが、異物をいれたくない人にお勧めです。顔全体をリフトアップしたい場合は、照射をするタイプの治療が効果的です。レーザーやフラッシュなどのエネルギーを、目の周りを避けて照射します。照射することで細胞が活性化し、肌の底力を上げることができます。